炭水化物に含まれる血糖値の上昇を抑える物質


いつもアピアランスビューティーのブログをご覧いただきありがとうございます!

最近テレビなどでも取り上げられているレジスタントスターチをご存じですか?

お米などの炭水化物を摂取する際、冷めた状態の方が摂取カロリーを抑えられるのです。

それは炭水化物に含まれるレジスタントスターチという物質のためです。炭水化物を冷ましていくとこのレジスタントスターチが増えていきます。

この物質は消化の過程で、食物繊維に似た糖質に変化するため腸内環境を整えてくれます。また、炭水化物なのに血糖値の急激な上昇(太る原因)を抑えてくれるため、太りにくい体質になります!消化も緩やかになるので満腹中枢をしっかり刺激して食べ過ぎを防ぎます。

レジスタントスターチを多く含む食品 とうもろこし 白米 じゃがいも

なかなか冷めたお米を食べ続けるのは辛いかもしれませんが、痩せた未来の自分を思い浮かべていけば苦ではなくなるかもしれません!

ぜひ試してみてください!

より詳しく知りたい方はアピアランスビューティーまでお越しください!

また、YouTubeでもセルフケアの動画を配信しておりますのでアピアランスTVもぜひご覧ください!

1回の閲覧